ライオンズクラブ

税理士が提案する野生的健康ライフ。税理士のブログなのに健康になったと好評です。

マウンテンクライマーをやるようになって無駄に歩くのが速くなった。

time 2017/02/28


freeleticsをやるようなってから2週間ほどたちます。

早くも日常生活で効果が出てきたので報告します。

 

めちゃくちゃ歩くのが速くなりました。

人生史上最高に歩くのが速いい状態です。サクサクと

歩けるんです。

次から次へと足が勝手に前に出て行く感覚です。

ちょっと第三者が見たら異常なほどのキレの良さです。

なので人が沢山いるところではセーブして歩きます。

人がいないとどこまで速く歩けるかチャレンジして

しまいます。

 

freeleticsのどのトレーニングでそんなことになったのか

僕がやっているfreeleticsのトレーニングはプロメテウスという

ものです。(freeleticsには何種類かのトレーニングがあります。)

プロメテウスはマウンテンクライマーと腕立て伏せ、腹筋、

スクワット、ジャンピングジャックを組み合わせたトレーニング

です。

歩くのが速くなったのはマウンテンクライマー

のおかげだと思います。

マウンテンクライマーとは腕立て伏せの状態から

足を交互で前に出していく運動です。

最初にこれをやったときは腕や肩が痛くなったのですが、

今では足の前の付け根が筋肉痛になるようになりました。

足を交互で前に出すのですが出さない方の足の付け根に

もろに体重が乗ってそこの筋肉が鍛えられます。

普段の生活では鍛えることがほぼ不可能なところですね。

この部分を鍛えることによって歩くという基本動作の

クオリティーが無駄に高くなってしまいました。

 

freeleticsのマウンテンクライマーはひと味違う

freeleticsのマウンテンクライマーしか知らなかったのですが

ユーチューブで検索するとちょっと違ってました。

↓freeleticsでは前に出す足は手の真横ぐらいまで持ってきます。

 

ほかのマウンテンクライマーはただ足を胸の下あたりに出すだけで

↓終わってしまっています。

明らかにfreeleticsのマウンテンクライマーのほうがきついです。

そしてより腹筋や足の付け根の筋肉を追い込むことができます。

 

 

走るのにも役に立つかもしれない

最近はランニングはサボり気味です。でも歩くのがこれだけ速くなった

ということは走りにも影響する可能性があります。

足を前に出す能力は走るときにも役に立つはずですからね。

今度の休みの日にはちょっとランニングしてみようと

おもいます。

長距離よりも中距離走(800Mぐらい)を

全力で走りたいですね。

 

 

こんな人におすすめ

マウンテンクライマーは歩くのが遅くて困っている人に

おすすめのトレーニングです。

歩くのが速くなると朝家を出るのが少し遅れても

目当ての電車に乗ることができるようになりますよ。

その分だけ余分に寝てられます。

その他いつも朝の通勤通学で抜かれてしまうという

人はこのトレーニングをすればあなたの右に出るものは

いなくなること間違いありません。

 

freeleticsはアプリを起動させれば無理矢理にトレーニング

できるように設計されています。自分に甘い人には

おすすめのアプリです。(アンドロイドはこっち

是非スマホにダウンロードしてしてみてください。

 

(編集後記)

今日地震がありました。東京の震度は分かりませんが

心臓がドキドキしました。

筋トレの時の心臓バクバク感と同じだったので

なんだか気持ちよくなっていました。

地震なのに不謹慎ですよね。

今日の1日1新

一人で茅場町ベローチェ

税務顧問のお問い合わせ

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



管理人 塩野勝大

IMG_0054.JPG 埼玉県越谷市で税理士をしてます。ブログを平日毎日更新中。ビジネスパーソンに役立つ健康情報なども税理士ながら投稿してます。詳しいプロフィールはこちら

Twitter でフォロー