ライオンズクラブ

税理士が提案する野生的健康ライフ。税理士のブログなのに健康になったと好評です。

Macで使うExcelのショートカットキーが効かないときは、ミッションコントロールが原因。

time 2016/10/11


MacでExcelを使うときにショートカットが使えないということはありませんか?

Excelで使うショートカットにControl+矢印がありますが、Macではこのショートカットは

ミッションコントロールという機能に割り振られているので、設定を変更しないと使えません。

 

ミッションコントロールは下の画面のように一つの画面に幾つものウインドウを表示してくれる

ものです。

スクリーンショット 2016-10-11 08.14.46

今自分はどのアプリを開いているのかひと目で分かるという機能です。

実際あまり使いませんし、ショートカットを使って操作することも少ないと思います。

なので、このミッションコントロールに割り振られているショートカットを無効にしましょう。

 

そうすれば、ExcelのショートカットがWindowsと同じように使えますよ。

 

 

 

Excelが変な動きをしてしまう

スクリーンショット 2016-10-11 07.49.25

普通のExcelの画面です。ここでControl+↑を押すと下の画面に

切り替わります。一瞬なにが起こったのかわけが分からなくなっていまいますよね。

スクリーンショット 2016-10-11 07.49.48

エクセルシートが消えてデスクトップが現れてしまいました。

この現象は、Control+↑がミッションコントロールのショートカットキーに割り振られているために

起こってしまいます。

Excelを使ってて、Control+↑が使えないとういのは致命的なので、設定を変更してWindowsと

同じように使えるようにしていきましょう。

 

設定の変更方法

「システム環境設定」から「キーボード」、そして「ショートカット」を選択して下の画面を

表示させます。

スクリーンショット 2016-10-11 07.56.11

上の画面のMission Controlをクリックします。

そうすると、下の画面のようにミッションコントロールに割り振られている

ショートカットが表示されます。

スクリーンショット 2016-10-11 07.57.14

すべてのチェックマークを外してしまいましょう。

スクリーンショット 2016-10-11 07.57.50

こうすることによってMac独自のショートカットが無効になります。

MacでもWindowsのようにショートカットを使ってExcelを操作することが

できるようになるのでおすすめです。

 

Control+矢印を使ったショートカットが有効だと、Excelが楽しい

Control+↓を使うと、1から7に一気に飛びます。

スクリーンショット 2016-10-11 07.58.49

応用させて、Control+Shift+↓で1から7を一気に範囲指定

できます。

スクリーンショット 2016-10-11 07.59.28

このショートカットが使えないと下のエクセルシートのように

大きなシートの場合、カーソルを一番上から一番下まで

飛ばすのにものすごい時間がかかってしまいます。

かと言ってキーボードから手を離してマウスを使うのも面倒

ですよね。

スクリーンショット 2016-10-11 08.00.57

何行もあるエクセルシートで一瞬にして下までカーソルを下げる

ショートカットはMacでも利用可能です。

今まで、MacだからExcelはショートカットが使えないと思っていた人は

是非設定を変更してみてください。

 

  • 編集後記

iphoneの保護フィルムを思い切ってとってみました。3年使っているのですが

新品のような輝きです。

(昨日の1日1新)

サイゼリアを居酒屋風に利用。ビール2杯ぐらいですとちょうどいいです。

昼から飲みたい人におすすめ。

税務顧問のお問い合わせ


管理人 塩野勝大

IMG_0054.JPG 埼玉県越谷市で税理士をしてます。ブログを平日毎日更新中。ビジネスパーソンに役立つ健康情報なども税理士ながら投稿してます。詳しいプロフィールはこちら

Twitter でフォロー