ライオンズクラブ

税理士が提案する野生的健康ライフ。税理士のブログなのに健康になったと好評です。

一眼レフカメラを使って絞り優先モードで写真を撮ってみた。

time 2016/10/24


一眼レフカメラには謎のダイヤルが存在していた

Fullsizeoutput 29c

一眼レフカメラには上のように大きなダイヤルがあります。

一眼レフカメラ初心者の僕は、まず絞り優先モード(AVモード)で

写真を撮るようにアドバイスを受けました。

 

絞り優先モードとは?

絞り値を自分で決めて、シャッタースピードはカメラ任せという半自動の

モードです。

絞り値はFというアルファベットで表現されます。

これは、「焦点の」を意味するfocalという英語からきているようですね。

絞り値はF1.4からF32ぐらいまであるようです。

僕のレンズはF4からF22までとなってました。

 

Fullsizeoutput 2ab

Fullsizeoutput 2a8

この絞り値が低いほど背景がぼやけた写真が撮れんるですね。

絞り値が低いときは人間の目でいうと、目を見開いたときと同じで、光を

いっぱい取り入れ背景がぼやけます。

絞り値が高いときは人間の目でいうと、薄目にして、光はあまり取り込まず

背景まで満遍なく見ることができます。

 

F値を変えるだけで、ボケは具合と明るさはこんなに変わります。

下の写真はF4で撮った写真です。

IMG 3917

下の写真はF22で撮った写真です。

IMG 3918

F4で撮った写真に比べて画面全体に焦点が合っていて少し暗い感じが

見てとれます。

F22で撮ると、薄目で見ているのと同じなので光がなかなか取り込めません。

なのでシャッタースピードはF4で撮影するよりも長めになります。

シャッタースピードを長めにすると明るくなるのですが、F4で撮った写真よりも

暗いですね。

 

IMG 3865

三井住友銀行本社の写真です。F4で撮りました。手前の三井住友銀行という

プレートに焦点があり、背景がボケて撮影できたので気に入っています。

IMG 3853

三越のライオンですね。こちらもF4で撮りました。

後ろの三越の暖簾に焦点を当てて手前のライオンをぼかせました。

 

一眼レフカメラはぼかしが効かせられて絵になる

いままでスマホのカメラで撮っていてもあまり納得のいくものは

撮れませんでした。

原因の一つにぼかせられないというものがあったと思います。

ぼかせられないと構図がとても大事になります。

被写体の後ろや前に変なものがあると、全部写ってしまうので

絵になりにくいのですね。

一方、ぼかせられると背景に写したくない変なものがあっても、

被写体だけを目立たせることができて絵になりやすいのです。

 

スマホでもぼかしを効かせられる

iphoneアプリにTiltshiftGenというものがあります。

このアプリを使って撮影すると背景がぼかせられます。

箱庭風のジオラマのような写真が撮れるので気に入っています

 

一眼レフカメラで撮った写真

IMG 3884

 

TiltshiftGen で撮った写真

 

 Fullsizeoutput 2ae

 背景をものすごくぼかしてくれて絵になります。

イメージ画像として使うにはいいのではないでしょうか。

ぼけの他にも明るさなども調節できますよ。

Fullsizeoutput 2ab 

 この写真も実はTiltshiftGenで加工してあります。

目立たせたいところを強調できて楽しいですよ。

 

編集後記

越谷レイクタウン10kmの練習のため週末走ろうかと思いましたができませんでした。

ぶっつけ本番で臨むようになりそうです。

(昨日の1日1新)

TKCパンフレット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

税務顧問のお問い合わせ

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



管理人 塩野勝大

IMG_0054.JPG 埼玉県越谷市で税理士をしてます。ブログを平日毎日更新中。ビジネスパーソンに役立つ健康情報なども税理士ながら投稿してます。詳しいプロフィールはこちら

Twitter でフォロー