ライオンズクラブ

税理士が提案する野生的健康ライフ。税理士のブログなのに健康になったと好評です。

バレンタインデーにチョコレートを渡す習慣って必要?そもそもチョコレートって平気?

time 2016/02/12


チョコレートを渡す習慣はめんどくさい!

Chocolate

前の職場では、新人女性社員がチョコレート購入して(女性社員全員が

金額を負担)男性社員に渡すという行事がありました。

 

お返しとして、ホワイトデーにお菓子を男性側が買うのですが、少しでも変なものを買うと

非難轟々でした。

 

あーめんどくさい

 

年賀状の慣習も若い人たちではなくなってきているので、バレンタインデーも

コレを機会に止めませんか?

 

バレンタインデーが続いている理由

会社員で、心からバレンタインデーを楽しんでいる人は少ないでしょう。

むしろ、僕と同じようにお返ししなければいけのいのめんどくさいと

思っている方のほうが多いのではないでしょうか。

 

そんな中、バレンタインデーでチョコレートを贈る風習は続いています。

原因は、お菓子をもらったら誰でも喜ぶだろうという安易な考え

が根底にあるのではないでしょうか。

 

バレンタインデー以外にも手土産としてお菓子は定番です。この

ノリでめんどくさいバレンタインデーが続いてると思っています。

 

正しい知識が必要

このような慣習がなくなるには、チョコレートに対する正しい知識

が必要だと感じます。

そもそもチョコレートって食べても大丈夫なのでしょうか?

チョコレートを食べると疲れが取れるという間違った情報を

鵜呑みにして、渡したら喜ぶよね、的な考えを改める必要が

あると思います。

チョコレートは、ソフトドラックと呼ばれるほどに依存性の

つよい食べ物です。

成分として、カフェイン、エンドルフィンといったものが含まれて

います。

カフェインには軽い依存性があり、なくなると、イライラ

したり落ち着かなくなったりします。

 

エンドルフィンはモルヒネと同様、高揚感、多幸感をもたらします。

だから、食べると幸せな気分になるのです。

 

チョコレートを止めれれない人は、薬物中毒者と同じ状況におちいっているのでは

ないでしょうか。

 

こういう依存性を利用したビジネス(パチンコなどの賭け事も含む)

はたくさんあります。

バレンタインデーもこのようなビジネスの一環でしょう。

 

こういった情報があれば、チョコレートに対する見方が変わってくるでしょう。

 

 

義理チョコをもらった時の対応の仕方

義理チョコをもらった時は、チョコレートアレルギーだからいらないと

いってみてはいかがでしょうか。

うそをつくのが嫌だという方でしたら、チョコレートの害を説明して、だから

いりませんというか、ホワイトデーのお返しが面倒だから受け取れません

はどうでしょうか。

もし、本命チョコだったら、もらうだけはもらいましょう。

 

ビジネスパーソンは自分の健康にストイックになるべきです。

そんな人がチョコレートというソフトドラックを摂取しては

いけないのです。

あなたの勇気ある行動が、悪しき慣習を終わりにするかもしれません。

 

  • 編集後記

   2月は、節分と建国記念日(紀元節)があれば、十分です。

   バレンタインデーがあると、上の2つがぼやけてしまいます。

   


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



管理人 塩野勝大

IMG_0054.JPG 埼玉県越谷市で税理士をしてます。ブログを平日毎日更新中。ビジネスパーソンに役立つ健康情報なども税理士ながら投稿してます。詳しいプロフィールはこちら

Twitter でフォロー